FX取引を長いスパンで続けるための基礎知識

取引ツールなど

損を抑える投資の考え方

スキャルピングは短期トレードですが、ポジションを持つ時に勝てる見込みが半分はあるチャートのパターンをきちん解析してからです。
訳もわからないようなトレードをすることはないでしょう。
利益を得る目的から外れて、証拠金まで減少してしまいますから、長期的に考えましょう。
チャートのパターンの基本をしっかり勉強して、投資のルールから逸脱しないことです。
FXの初心者は、絶対勝てる見込みのパターンを見つけようとし過ぎです。
勝つ見込み半分のパターンを目安とするくらいです。
FXの始めた頃から身につけておくといいのは、「損切り」を事務的に行うことができることです。
トレードのスタイルによらず、損切りを即時の判断で行うことは重要なことです。
損を抑える取引を実践してみて下さい。

売買する通貨のペア

スキャルピングは、短期間における時間の勝ち負けの取引です。
多くの通貨ペアの売買する時には、チャート分析が煩雑になるかもしれません。
スキャルピングは、1つの通貨ペアに絞る取引を重ねることも必要です。
通貨ペアのスプレッド(売値と買値の差)が狭いものを選びたいものです。
スキャルピングは回数の多い取引であり、スプレッドの僅かな差で、かなり収益に影響が出ます。
取引コストを減らすことにも、徹底的に行う姿勢が必要です。
米ドルと円のスプレッドが狭いのは、FXの各会社のほとんどがそうです。
スプレッドの幅を意識することは投資取引する上で極めて重要です。
良いチャートパターンを見極めて成功しましょう。


この記事をシェアする